Home > トピックス > 太陽光発電システムとは
 太陽光発電システムの最大の特徴は、太陽光を使用するためエネルギー源が無尽蔵でありクリーンである事が挙げられます。
 また太陽光発電システムは構造的にシンプルであるため、メンテナンスも比較的簡単です。さらにシステムの寿命も比較的長く、現在、太陽光発電に用いられる太陽電池の耐用年数は、20年以上とされています(設置場所などの諸条件によって変わります)。
 太陽光発電システムの最大の特徴は、太陽光を使用するため、エネルギー源が無尽蔵であり。クリーンである事が挙げられます。
 また太陽光発電システムは構造的にシンプルであるため、メンテナンスも比較的簡単です。さらにシステムの寿命も比較的長く、現在、太陽光発電に用いられる太陽電池の耐用年数は、20年以上とされています(設置場所などの諸条件によって変わります)。
 太陽光発電システムのデメリット。それはやはり初期投資費用の多さではないでしょうか。
設置の際には機器一式をはじめ、設置架台、電気・設置(オール電化への変更)工事費といった費用がかかりますが、平成19年度の住宅用太陽光発電システムの平均設置価格(機器・工事費込み)については、1KWあたりの平均価格が69.6万円であるとの調査報告(新エネルギー財団)があります。また設置にあたっては国や地方自治体による補助制度もありますが、詳細は各自治体にご確認の必要があります。
 ですが一般的には太陽発電モジュールの寿命は20年以上なのに対し、20年程度で元が取れると言われていますので、長期的に考えた場合にはほとんど問題はありません。

 蓄電システムはまだまだ非常に高価であり大型のため、導入に関しては実用的でないのが現状です。夜間や曇りの日などは通常通り電力会社の供給する電気を使用する事になりますが、あまり電気を使用しない日中に発電した分を電力会社に売っていますので、年間で考えた場合、相対的にマイナスになる事はない様です。

ご利用にあたり
プライバシーポリシー
サイトマップ
Copyright © 2010 SAKAI GIKEN CO.,LTD. All rights reserved.